築15年・木造2階建て・コロニアル屋根の事例

この建物は1階和室に雨漏れがあり、建築した大工さん、リフーム会社の方が何度来ても直らなかった家でした。
工事は直ぐにこの問題に係ることにしました。 いままでの方々はまず、予想に基ずく仕事で、何ら原因をつきとめる事をやっていなかったのです。 木造の場合の雨漏れはじっくり確認しないと殆んどが分かりません。弊社は、防水の雨漏れ同様の確認を高圧洗浄機を使います。 最初に漏っている近くから始まり、だんだん周辺に延ばしていくものです。 其のとおり、全くいままで行ってきた工事と違った場所から水が漏ってきました。 今までもそうであるように、弊社は必ず確認できない限り工事は始まりません。
施主さんも全く予期せぬところからの雨漏れに関心しておられましたが、業者はこの様な責任施行が必要であり、分からなければ料金をいただくことは出来ません。弊社はこの様な案件は数え切れないほどの経験があり、全ての雨漏れを解決してまいりました。