何故、塗装のトラブルが多いのか徹底解明
失敗しない塗装会社の選び方

何故トラブルが多い?

塗装業は参入障壁が低く、素人企業が多いのです。

リフォームの訪問販売や悪徳事業者に注意してください

塗装関連の資格は厚生労働大臣認可の国家資格である「塗装技能士」や各都道府県知事が許可を出す「塗装工事業」などの許認可が存在します。しかし、実は、塗装業として事業を行うに関しては基本的に許認可などが必要ありません。従って、様々な事業者が塗装業を兼業しているケースがあります。最も多いのは、建築業とリフォーム営業の会社です。建築業などは実際建築のプロであり、高いリテラシーを持つケースも多いのですが、「塗装のプロ」ではありませんから、基礎に忠実な工事をしてくれるとは限りません。

なぜそんな事態になるのでしょうか

塗装は目に見えてビフォーアフターが分かるので、手抜きはすぐに分かりそうなものですが、どの壁面に対してどの塗料を使うか、適切な濃度はどうか、下地塗り+二回塗りなどの長持ちする塗装が出来ているかどうか、など、実際は素人に分からない作業がたくさんあります。 悪徳事業者はそれらの点に目をつけて、あらゆる手段で利益を生もうとするわけです。例えば、適性以上に薄めて使えば、塗料代を抑えることができますし、二度塗りせず、一度に抑えれば、人件費を大幅に削減できます。しかし、料金は相場据え置き、ということになれば…… 事態は明白です。

業者選びのポイント

優良業者はどうやって見極めればいいの?
ポイント1 業者編

01

自宅から遠いところにある業者は避ける

これは移動時間が長くなり、その分施工する職人の仕事の時間がかかることになります。ちょっとした手直しで遠くの会社から来てもらうには気が引けることになったりします。また、引渡し後のアフターメンテナンスでも、困難になることも予想されます。

訪問販売の事業者は注意が必要

訪問販売は、すべて割高になっているのが特徴です。 営業マンの取り分は、工事代金の50%というのも珍しくなく、その上に会社の儲け、テレビコマーシャルなど経費がかかるわけですから、割高は仕方がないことかもしれません。悪い点は、少ない施工費で下請けに丸投げするケースもあり、ずさんな工事が伴うこともあるので注意を要します。

事務所の所在がわからない事業者は注意

中にはマンションの一室に電話だけ引いて営業し、下請けに丸投げにする業者もいます。チラシ等も含めて搭載内容などに惑わされず、大きな買い物をするのですから、塗り替え前に会社の所在だけは確認しておきたいものです。フリーダイヤルの電話連絡だけですと、転送になりますので、会社の本来の場所も確認できません。

ポイント2 見積もり偏

02

最低でも3社から見積もりを取りましょう

これは移動時間が長くなり、その分施工する職人の仕事の時間がかかることになります。ちょっとした手直しで遠くの会社から来てもらうには気が引けることになったりします。また、引渡し後のアフターメンテナンスでも、困難になることも予想されます。

納得いく見積りが出されていますか?

単純に合計金額や単価の比較ではなく、どのような工事をするのか、どんな塗料を使い、どこまで工事が見積もりに入っているかなど、内容を細かく比較することが肝心です。

大幅な値引きをする業者に注意!

単純に合計金額や単価の比較ではなく、どのような工事をするのか、どんな塗料を使い、どこまで工事が見積もりに入っているかなど、内容を細かく比較することが肝心です。

ポイント3 契約編

03

次々に値引きして契約を急がせる業者に注意

「今日中に契約いただければ、お値引きします。」などと言って、契約を急ぐ場合、他の業者との相見積もりなどで、内容を比較検討されたくないというケースがあります。工事内容も業者もじっくり考えて、自分が納得してから決めましょう。

施工期間が短い(3~4日)の業者は手抜きあり?

塗り替えには最低6日は必要と思ってください。早く終わる場合は水洗いをしていない、3回塗りを2回塗りにしているなど、手を抜いている場合があります。

事前に追加工事が発生するか確認しましょう

工事を進め足場をかけてみると、気づかなかった不具合が出てくることがあります。 追加工事となりそうな箇所、内容、それがいくらぐらいになりそうかなど、その可能性を事前に聞いておきましょう。

事前に支払い条件を確認しましょう

代金の支払が、工事前なのか後なのか、前金が必要なのかなど、事前に確認しましょう。 また契約書に明記されるかどうかも確認しましょう。

ポイント4 施工編

03

ちゃんと養生されてるかチェック

養生とはサッシ部分など、塗装しない部分を汚さないようビニールなどで覆うことを言います。 また養生がしてあっても雑で、ところどころ剥がれてヒラヒラしていたり、見切りがガタガタでは意味がありません。少しぐらい汚しても気にしない業者もいるようですが、養生は職人の思いやりだと思います。

下地調整を丁寧にしているかチェック!

下地調整とは塗装面をキレイにすることです。 ホコリや、剥がれかかった古い塗膜の除去、錆びた部分のペーパー掛けなどが曖昧だと、たとえ高級塗料を使おうとも性能が発揮できず、仕上がりもそれなりです。 また、下塗りをしない業者もいるようです。下塗りは上塗りとの接着剤、弱くなった下地を整えるなど重要な工程です。

契約通りの塗料が使われていますか?

契約塗料よりランクが下の塗料をこっそり使用する業者もいます。 塗料については、一般の方は分かりにくい部分だと思いますので注意したいところです。 また、塗料にはそれぞれメーカーの定めた希釈率があります。薄め過ぎた場合、塗料の性能を発揮できず、耐用年数が短くなるなど後々問題が発生する可能性があります。

ひび割れの補修はされていますか?

内部に雨水が入りこまないように、シーリング剤などを使ってひび割れを埋めなくてはいけません。放置しておくと外壁の剥げ落ちや漏水の原因になり、何のための塗装工事か分かりません。

やっぱり安心できるのは、あなたの地元の塗装屋さん

自宅の近くの業者をお勧めします。それも長く営業している会社で、近所の工事実績を知ることができる業者がいいでしょう。
遠くても車で1時間以内であればいいでしょう。
近くの業者の利点は、長く地元で商売をしてきていれば、おのずと評価も定まっていますし、また「信用第一」ですから、評判の悪くなるような工事はしないだろう、ということが第一の理由です。
アフターサービスも頼みやすくて楽ですし、業者にしても移動に時間がかからず、小工事の場合でも作業効率が良いでしょう。

●近くに工事実績があるので見れる
●信用商売なので、地元で長い業者さんが安心
●近いから効率的でアフターサービスも期待できます。

link-gaiheki

link-yane

link-mizu

水戸塗装工業は車いすバスケットボールのクラブチーム「千葉ホークス」のオフィシャルスポンサーとして地域社会に貢献しています。
千葉ホークスは、1969年労働災害者の訓練施設に「千葉作業所チーム」として誕生した車椅子バスケットボールチームで、1985年に活動拠点を千葉市内に移し、チーム名も「千葉ホークス」に改称しました。全国大会においては、数多くの優勝を成し遂げ、パラリンピックやゴールドカップ等の国際大会にも多くの日本代表選手を輩出しています。
<主な成績>
2008~10年日本選手権準優勝
2005~07年日本選手権優勝3連覇