分譲マンション・築35年・RC造11階建ての事例

施工地域:千葉県船橋市宮本

築年数が35年以上経つたてものですが、鉄筋の腐食により躯体のコンクリートが押し出されて、膨らみを起こしていました。
最初に、このコンクリートをハツリ、次に錆のひどい部分に浸透形のサビロックを塗布し、其の後、軽モルタルを補填しました。
全体で3,000箇所以上ありました。 歩道に面している外壁は非常に危険な状態でした。これで安心です。
また、鉄骨の外階段がかなりの腐食があったため、全て撤去して新しく階段を造る事になりました。
ベランダの防水は20年前に施行したのでまったく問題なく、トップコートを塗布するだけで、今後も持つものと思います。
最初は費用が嵩みますが、この様に結果的にトップコートを塗るだけの費用で済むわけです。コスト面からも皆様にお勧めいたします。 財産価値を高めるだけでなく、建物の寿命を延ばすためにも20年から30年ぐらいでの大規模改修は必要です。



水戸塗装工業は車いすバスケットボールのクラブチーム「千葉ホークス」のオフィシャルスポンサーとして地域社会に貢献しています。
千葉ホークスは、1969年労働災害者の訓練施設に「千葉作業所チーム」として誕生した車椅子バスケットボールチームで、1985年に活動拠点を千葉市内に移し、チーム名も「千葉ホークス」に改称しました。全国大会においては、数多くの優勝を成し遂げ、パラリンピックやゴールドカップ等の国際大会にも多くの日本代表選手を輩出しています。
<主な成績>
2008~10年日本選手権準優勝
2005~07年日本選手権優勝3連覇